相続協議には弁護士の立ち合いを

家族の誰かに不幸があった場合、多くの家庭で発生するのが遺産相続です。
ある程度の歳を重ねた方が亡くなった場合には、それなりの資産を築かれていることも多く、それを子供や親、兄弟、で奪い合うことになってしまいます。

特徴のあるtogetter情報選びをお手伝いするサイトです。

もちろん、お互いの話し合いで資産の分配が決まったり、あらかじめ遺言書が用意されているのであればこのような心配は無用ですが、多くの相続ではこのようにはいかず、「争続」と揶揄されるほど親類間でいざこざが生じてしまう恐れがあります。

相続の流れの総合案内サイトです。

そこで相続問題にうってつけなのが弁護士の立ち合いです。



なぜなら、資産についてみんなが自分勝手に主張することは容易ですが、そこには法律上ある程度権利が認められている場合もあり、それを知らなければ納得いく資産分配ができないからです。


例えば、法定相続分が法律上認められていることは有名ですが、寄与分や遺留分、また生前贈与等、一般の人は聞いたこともない規定が存在しており、法律をかじったことがある人でも、その内容をきちんと理解できていないことが大半です。

そのため、このような規定に詳しい法律のプロである弁護士が協議に立ち会うことで各自の自分勝手な主張を仲裁するために、法律の規定を説明してもらい、みんなが納得できる資産分配が可能となります。

もちろん、弁護士に立ち合ってもらうにはある程度の費用がかかりますが、何も知らずに自分たちで解決しようと無駄に時間がかかってしまったり、争続になって親族間の関係が悪化するリスクを考えれば、その費用は決して高いものとは考えられず、お得なものであると言えます。